目のクマ 病気

目のクマから考えられる病気

目のクマから考えられる病気の前ぶれは、鉄欠乏性貧血やバセドウ病、肝臓・腎臓疾患、うつ病、皮膚炎(アトピー性や花粉症)などがあります。

 

目の下のクマでまず疑うのは、疲れや睡眠不足など体調の変化などで調子を崩していないかということ。

 

また、その他病気の前ぶれで先に説明した5つの病気のサインはないかを確認するということです。

 

 

まず鉄欠乏性貧血では、ヘモグロビンの鉄分が不足していて起こるもので、この対処法は鉄分を多く取った方法の食事で鉄分不足を解消するのが望ましいでしょう。

 

ちなみに、貧血気味の方は青クマができやすいです。

 

ヘモグロビンは酸素や栄養分などを細胞に運ぶ働きがあり、鉄分が不足しているとうまく細胞が酸素をとりいれたり、栄養分をとりいれられなくなったりします。

 

普段から鉄分不足にならないように気をつけましょう。

 

 

次にバセドウ病ですが、これは新陳代謝のうながす甲状腺のホルモンを過剰に分泌して起こる病気であり、このときに目のクマは黒クマになってしまいます。

 

甲状腺が腫れたり、汗がよくでる、手足が震える、脈が速いなどの症状がありますので確認しておきましょう。

 

 

3つめは肝臓・腎臓疾患。

 

この場合、肝臓の働きは栄養分の貯蔵や分解、変質など血液を通して送る役割があります。

 

肝臓の解毒作用などから目のクマができるという関係があります。アルコールの飲みすぎや甘い物のとりすぎは肝臓に大きな負担をかけてしまうこともあり、それが原因で目のクマがでるというわけです。

 

 

4つめはうつ病。

 

うつ病は、原因はいろいろありますが、睡眠不足からくるパターンと過剰なストレスから来る場合があります。

 

目の周りや口元が青白くなることがサインとして考えられますよ。

 

 

最後に皮膚炎(アトピー性や花粉症)。

 

目が全体がくすみかかっていたらこの症状を疑ってみましょう。

 

花粉症の場合、花粉などが目について茶クマになって炎症を起こしてしまいます。

 

 

 

以上の5つが目の下のクマの考えられる病気ですが、お悩みの方は軽く考えないで病院で一応検査してもらうのがいいかもしれません。

 

もしどれも当てはまらないのであれば、大きな病気である確立は低いでしょうから、アイキララのようなアイショットクリームで対策をしてみるといいですよ。

 

 

アイキララとは?